イベント情報
menu トップぺージ くるみっこ日誌 更新情報 くるみ幼稚園ご案内 園児募集
 
『時には、ホドホドで。。。7月21日(火)付』
≪ごー!ごー!!くるみっこ!!!≫




きょうも とっても あつかったね・・・😅
せんせいたちも みんなのそばに いますが・・・
「きつかったり」・「きつくなりそうなとき」は・・・
いつでも 『せんせいたちに つたえて だいじょうぶ』ですよ。


『きゅうしょく』のとき・・・
もりもり たべる おともだち。
きらいな たべものを ひとくちは くちにいれる おとだち。
まわりのおともだちと うれしそうに おはなしをする おともだち。
みんな たのしそうで よかったです😊

『みんなで たのしく たべる』と・・・
うれしいきもちで いっぱいになるね!!

「きらいな たべもの」も おもわず ひとくち たべれてしまうね。。。

できるだけ 『すききらい』を せずに・・・
いろいろなものを たべて・・・
『つよく びょうきにならない からだ』を つくりましょう(^O^)/








ここ数日のテレビや新聞等で気になる情報の一つに・・・
新型コロナウイルス感染拡大に伴い・・・
『子どもたちのストレス』が、様々な形で表面化していることです。
子どもたちは、敏感にいろいろなことを感じていると思います。

重ねて、『大人も、疲れやストレスが増加傾向』にあり、いろいろな問題が起きているようです。
疲れも重なっていると思います。
何とも言えないモヤモヤ感が続く中、さらに心を疲れさせ、ストレスを抱えさせていると考えます。

先の見通しが出来ないコロナウイルス感染拡大を踏まえると・・・
これから、どのような状況になってしまうのか、やはり子どもも大人も不安になりますね。。。


子ども・保護者や職員も含め、全ての人たちが疲れやストレスも抱えながら・・・
この難局に対し、長期に渡って、対応しなければならない状態です。


本日も、暑さもありましたが・・・
青空の下、吹く風もどこか心地よい中で・・・
くるみっこが、夢中になっていました。。。

汗びっしょりになりながら・・・
遊び込んでいました。
一人やお友だちと一緒になって、夢中空間に入り込んでいました。
先生たちと、貴重な体験(挑戦等)も、行っていました。


引き続き、子どもたちの心の動きを注視しながら・・・
日々の何気ない生活や活動を楽しく、リラックス出来る空間提供を、心掛けていきたいと思います。。。


大人も頑張らなければならない場面もあると思いますが・・・
頑張りすぎて、体や心のバランスを崩したり、壊してしまうと・・・
結果的には、自身や子どもにとって、マイナスになってしまいます。


時に、良い意味での・・・

『ホドホド感』も大切にしたいものですね。。。

『情熱が、生きる力の土台につながっていく。。。7月20日(月)付』
≪ごー!ごー!!くるみっこ!!!≫


「げつようび」が すたーと しましたね。
げんきに ようちえんへ もどってきてくれて ありがとう☆彡

みんなが おへやで たのしそうに していたり・・・
おそとで はしりまわったり・・・
せんせいたちと がんばっている すがたは 『とても すてき』 でした😊👍

これからも・・・
しっかりと 「おみず」や「おちゃ」を のんだり・・・
しっかりと 「たべて」・「ねて」くださいね。
『げんきな からだでいること』が とっても たいせつだよ💛


さて 『もんだい』です。
きょう おともだちのAくんとBくんが 「かぶとむし」を みつけました。
『しばらく かぶとむしと あそんだあと どうした でしょうか?』

い)そのまま けーすに いれて しなせて しまった。
の)しばらく いっしょに あそんで 「き」へ にがして あげた。
ち)ずっと さわりすぎて しなせて しまった。


こたえ) の
さいごは おうちへ かえれるように 『にがしてあげた』そうです。
やさしいね😊👍

「むしさんたち」も 『たいせつな いのち💖』があります。
みんなと あそぶことは うれしいですが・・・
「みず」も「ごはん(えさ)」も「おうち」も なければ・・・
しんでしまいます・・・😢
かわいそうだね・・・😢😢😢

みんなだって おなじことをされたら どうだろう???

やっぱり さいごは 「おうちへ かえりたい」よね。

AくんとBくんが したことは 『すてきなこと』 なのです🤩
みんなも 『まね』 してみてね。。。👍👍👍






セミの声が、園庭に響き渡る中・・・
男の子や女の子に限らず、『昆虫の存在』を楽しんでいる姿がありました。

直接手で触り、捕まえる子ども。
興味を持って見つめる子ども。
自分では捕まえられないが、お友だちが捕まえた虫にとても関心のある子ども。
上手く捕まえられず・・・
「頂戴!頂戴!!」とせがむ子ども。
お友だちの「捕まえ方」をジッと見つめ、トライする子ども。
いろいろな姿がありました。

蟻・ダンゴ虫・カナブン・てんとう虫・セミ・蜘蛛・カメムシ 等
いろいろな虫を探し、捕まえています。
動くものは、全てが「ターゲット👀」です・・・(笑)

3歳児Aちゃん。
『あのね。虫が(おうちの傍で)一人ぼっちで可哀そうだったの』
4歳児Bくん。
『たくさんの蟻がね。ダンゴ虫を運んでいたよ』
4歳児Cちゃん。
『クモ見て!触るの怖いけれど、綺麗だね。。。』
5歳児Aくん。
『カブトムシを見つけました!命が短いから、逃がしてあげた』


読み進めている本[自分の中に毒を持て:岡本太郎(芸術家)]の一節を、思い出しました。

(略)まず、どんなことでもいいからちょっとでも情熱を感じること、惹かれそうなことを無条件にやってみるしかない。

情熱から生きがいがわき起こってくるんだ。
情熱というものは、牴燭髻蹐覆鵑鴇魴錣弔で出てくるもんじゃない、無条件なんだ。
何かすごい決定的なことをやらなきゃ、なんて思わないで、そんなに力まずに、チッポケなことでもいいから、心の動く方向にまっすぐに行くのだ。失敗してもいいから。

(略)遊び心と言ってもいい。好奇心のおもむくままにと言ってもいいかもしれない。
(略)軽く素直に動けばよいということだ。
人生、生きるということ自体が、新鮮な驚き、よろこび、新しくひらかれていく一瞬一瞬であり、それは好奇心という浮気っぽいもの以上の感動なんだ。

われわれはそもそも、生まれたいからこの世に出て来たわけではないけれど、オギャーと母の胎内から飛び出したそのときから、思っても見なかった外界にさらされる。
まったく無防備な生命。
しかし、力強く、ありったけの力をこめてオギャアー、オギャアーと泣く。悲しいからでもない。
生命が無条件に外に向かってふき出しているのだ。

やがて、もの心がついてくると、また新しい眼で自分のまわり、世界を見かえすようになる。

幼い子供にとって天地のあらゆる現象‐朝、日がさし出る、雨が降る、虫が鳴いて動いている、何もかもが不思議だ。日毎に夢をひらく、自分にぶつかってくる言いようのない衝撃。

そこには無条件に生きることのよろこびを感じとりながら成長していくのだ。
そのうちに、いったい人生とは何だろう、自分とは何なのか、というようなことを考えはじめる。


くるみっこも、『無条件に生きることの喜び』を感じながら・・・
日々を過ごしているのではないでしょうか。。。
一人で。
お友だちや先生と。

情熱の対象は、時に虫などの自然です。
心が突き動かされる・遊び心が、いっぱいの毎日を過ごしています。


新型コロナウイルスや豪雨災害もありますが・・・
子どもたちが目一杯心を動かし、夢中になっているだけでも・・・
「良かった」・「ホッとする」等の一場面でもあります。。。

その中で、刺激を受け、大切なことを自然と吸収していると考えます。

引き続き、セミの声に負けないくらい元気な声と・・・
情熱(心を動かす)を持って、生きがいを感じながら・・・

今後の『生きる力への土台作り』を・・・
ゆっくりとたくましく積み重ねていってほしいと思います。。。☆彡

『いらっしゃい!くわたさん!!。。。7月16日(木)付』
≪ごー!ごー!!くるみっこ!!!≫


きょうは あめ☔が なんとか ふりませんでしたね・・・😊

「えんてい」にでて・・・
あそびまわることが できましたか。
おともだちや せんせいと いっしょに いっしょうけんめい 「なにかをすること」が
できましたか。

まだ ちょっぴり あめ☔が ふるひが つづきそうです。
もうしばらく がまんして くださいね。。。


さて 『もんだい』です。
くるみようちえんには 「くわたさん」 がいます。
その『くわたさんは どこの くわたさん』 でしょうか?

く)「やきゅうせんしゅ だった」 くわたさん。
わ)「くまもとし とろくにいる」 くわたさん。
が)「もりのなかにいて ちからづよい はさみをもっている」 くわたさん。
た)「うたが じょうずで おもしろい」 くわたさん。

こたえ)が

さいきん ようちえんに きたようです。
「どこかの くらす」に いるようです。

「どこかの き🌳」にも・・・
「くわたさん」のおともだちが いるかもしれないね。

さかがして みてね・・・👀👀👀






園庭で、伸び伸びと走り回っている子どもたち。

お友だちと、夢中になって話し込んでいました。
好きな遊びの世界に入り込んでいました。
先生やお友だちと、楽しく、集中していました。

育てている野菜を、じっと見つめる姿。
昆虫の存在に、一喜一憂している姿。


空には、青空と白い雲が、どこまでも続いている瞬間もありました。
その下にある、緑の芝生の上やまわりで・・・
くるみっこが伸び伸びとしている姿に、嬉しさが込み上げてきましたが・・・

一方で、この同じ青い空の下で・・・
今も苦しんでいる人たちがいることを考えると・・・
何とも言えない気持ちも、重ねて込み上げてきました。。。


くるみっこには・・・

『今、目の前に広がっている幸せな空間』に・・・

感謝しながら・・・

全身で楽しさを感じながら、大切に過ごしてほしいと思います。。。

『新たな一歩。。。7月15日(水)付』
≪ごー!ごー!!くるみっこ!!!≫





『おたんじょうかい🎂』は たのしかった ですか。

みんなで あつまって・・・
『たのしい じかん』を すこしでも すごせたことは・・・ 
とっても うれしかったね・・・🤩🤩🤩

まだまだ 「ぜんいん」で あつまったり・・・
「おおきなこえ」を だしたり・・・
「だいすきなひとたち」に かこまれながら・・・
『たのしい じかん』を すごすことは できないけれど・・・

すこしずつ すこしずつ・・・
『たのしい じかん』を つみかさねて いきましょうね。。。⭐⭐⭐






本日、1号&2号認定では、『4月〜7月生まれの誕生会🍰』を行いました。
残念ながら、全園児集合や保護者の皆様を招いての活動は出来ませんでしたが・・・
安全確保を模索しながら、「学年ごと」での実施となりました。

入園・進級してから、『初めて集い』ます。
園児たちは、嬉しさもありますが・・・
緊張や同じ空間共有での対処が分からない等、少し戸惑っている様子も見えました。

そんな中、お部屋内でのルールもしっかりと守りながら・・・
一人ひとりが、心の中も含め、集中し、楽しんでいる姿もあり、少しホッとしました。。。


みんなで集えること。

これまで、当たり前のように過ごしてきたこと・・・
みんなで歌う。
みんなで笑う。
みんなで考える。
みんなで楽しむ。
みんなで夢空間を作り上げる。 等
全てが、実はとても幸せなこと。

現在、被災し、厳しい生活を送っている人たちがいることを踏まえると・・・
さらに、『この空間が、いかに幸せなこと』か、強く感じる時間でもあり・・・
とても感慨深く、胸が熱くなる「誕生会」でもありました。。。


みんなで『黙とう』を行うと共に・・・
『今考える・出来ること』について、頭と心で感じる時間でもありました。
厳しい状況下にいる人たちのことを想う。
集い、遊び、学べる幸せに、感謝する。
だかこそ、目の前の出来ることに、丁寧に関わる。
いつか大きくなったら、温かい心を届けられる人になる。 等
各自が、感じ・考える時間でもありました。。。

子どもたちも、限られた空間の中で、ちょっぴり戸惑いも見せていましたが・・・
お友だちの発表に、いつも以上に耳を傾け・・・
自分たちが楽しくなる(心が動く)瞬間には、笑顔が見えたり、小さく体を動かしたり、声を出す姿等がありました。

制限がある中で、子どもたちの心と体を、目一杯開放させてあげることが出来ないことに、葛藤もありますが・・・
まずは、くるみっこの環境が少しでも広がったことに、とても嬉しさが込み上げてきます。。。

今後も、状況や条件等もあると思いますが・・・
集団で活動出来る範囲が、少しずつ広がることを願っています。


だからこそ、「手洗い」・「マスク着用」や「体調管理」等・・・
『園で出来ること』や『ご家庭で出来ること』を、丁寧に確実に行いながら・・・
引き続き、子どもたちの安全と教育・保育環境を、何とか確保していきたいと考えています。


そんな一歩が・・・

今日、『新たにスタート』しました。。。⭐⭐⭐




≪4月・5月・6月・7月生まれ誕生児保護者 各位≫
お子様が、毎日成長の階段を『自分らしく』、少しずつ上っています。
改めて、お誕生日おめでとうございます。
 
お子様の誕生日を、『我が子が誕生した感激、感動を振り返る日』・『これまでの子どもたちの成長を喜ぶ日』等となっているのではないでしょうか。
子どもたちも同様に、自分が大きくなった時に、『自分の誕生日は、大好きな人たちへ感謝する日』ということも、分かる日が来ると思います。

さて、新型コロナウイルス感染拡大の不安もある中、毎日子育てやお仕事等、大変お疲れ様です。その上に、豪雨災害も重なり、熊本地震を経験した(している)県民として、全ての方が心を痛めていると思います。
その中で、園生活も段階的ではありますが、少しずつ日常の空間を取り戻しながら、子どもたちが笑い、学び、時に泣いている姿も含め、貴重な時間を共有出来ることに、改めて深く感謝しているところです。

くるみっこは、これからどのように成長の階段を上っていくのでしょうか。どんな心を磨き、培っていくのでしょうか。
限られた環境の中でも、大切な学びを通して、『心の土台』・『自分らしさ』をしっかりと磨き続けてほしいと、強く願っています。

引き続き、保護者の皆様には、子どもたちへ日々の前向きな言葉かけや触れ合い等、どうぞよろしくお願いいたします。
子どもたちを見守り、受け止め、認め、褒め、抱きしめ、時に鼓舞してあげてください。
子どもたちは、皆様の愛情をいつでも待っています。

令和2年7月15日
幼保連携型認定こども園くるみ幼稚園園長 坂本 公

『温かい心の土台作り。。。7月14日(火)付』
≪ごー!ごー!!くるみっこ!!!≫



あめ☔が ふらなくなると・・・
『せみのこえ♬』が たくさん ようちえんに きこえるね👂👂👂
「なつが きた🏖」 という かんじだね。

もうしばらく あめ☔は ふるようですが・・・
そのあとは おひさま🌞が いっぱいで でてきて とっても あつくなると おもいます・・・😓

はやく げんき いっぱいに そとで たくさん あそびたいね😊👍


ようちえんでは せんせいたちが 「いろいろ たのしいこと」を おしえてくます。

『なんでも いっしょうけんめい やってみて』くださいね☆彡


『みんなの げんきな こえ』に・・・
いつも げんきを もらっています❕❕






本日、熊本刑務所さんから、被収容者の改善更生等も踏まえ、園児及び職員(隣の福祉施設含む)へ、『マスク』を頂きました。

園との関係は、平成5年にさかのぼります。
刑務所運動会にて、特別招待演技披露(5歳児)してから、現在まで関りが続いています。

『マスク寄贈式』では、代表児が感謝の言葉をしっかりと元気に伝え、マスクを受け取りました。
式前は、大きく・たくましい刑務官の方々と、楽しそうに話をしていた子どもたちが・・・
式が始まると同時に・・・
それまで、マイペースだった子どもたちが、急に固まっていました・・・(笑)
丁寧に、確実に行おうと思っていた子どもたちが、さらに固まってしまいました・・・(汗)
空気感を読み取ったり、物事にしっかりと向き合おうとしたからこそ、緊張したり、固まったりするのです。
心も成長しているからこそ、ガチガチになったとも言えますね。。。

その中で、ベストを尽くしてくれました☆彡
そんな姿が、とても微笑ましく、子どもらしいと思いました。
全てが子どもにとって、貴重な体験の瞬間だったと思います。。。

『温かい心💖』を届けて頂きました。
とても有難く、嬉しく思いました。

いつか、どこで・・・
『温かい心を届ける側になってほしい』と、強く思う瞬間でもありました。。。


本日、3歳児のAちゃんとBちゃんが、「タオル掛け」の前で、何やら揉めているようでした。

しばらく様子を見ていると・・・
「タオル掛け」から落ちていた「お友だちのコップ入れ」を・・・
どちらが元に戻すかを、一生懸命揉めていました・・・(笑)

「私がする!」
『私がする!!』

「私がしたい!」
『私が見つけた!!』

「私が出来る!」
『私だって、やりたい!!』

しばらく、同じようなやり取りが続いていました・・・(大汗)

お互いに、一歩も引かない攻防が続きます・・・(大大汗)


しばらくすると・・・
互いに気持ちが折れたのか・・・(大汗)
互いに気持ちが落ち着いたのか・・・(大笑)
Aちゃんが、ゆっくりとコップ入れを掛け、その様子をそっとBちゃんが眺め、サポートし・・・
何事も無かったかのように・・・
二人は、嬉しそうに保育室へ一緒に戻っていきました。。。


気持ちを行動に移す。

簡単なようで、子どもの世界では、時に難しい場面もあるかもしれません。
遊びに夢中で、その状態に気づいていない。
気づいたとしても、行動への正解が分からず、ジッと見ている・そのまま素通りしてしまう。
自分の気づきを先生や該当のお友だちへ直接伝える 等
様々な瞬間があると思います。

いずれにしても、『全てが子どもらしい行動』であり、どれも間違っていません。。。


AちゃんとBちゃんの『心の動き』が、素敵ですね・・・☆彡
互いの素直な気持ちを伝え合えたことも、良かったのではないでしょうか。
伝え合う中で、いろいろな葛藤もありながらも、最終的に自分たちの想いを行動に移せたことは・・・
重ねて良かった・素敵なことだったのではないでしょうか。。。


(まわりに)気づく。
(想いを)考える。
(心を)行動に移す。

そのことで、何かが・・・
(他者の喜びに)変わる。
(自身の今後のやりがい等、さらに)広がる。


見える(見えない)相手(他者)にとって・・・
このような関りがあること自体・・・
とっても嬉しいことではないでしょうか。。。


全国で・・・
厳しい状況の方々がいます。
心が折れそうな人たちがたくさんいます。

私たち大人に出来ることは、何でしょうか。。。


このような状況の中、くるみっこが直ぐに何かを実践することは難しいですが・・・
このような体験を、日々積み重ねていく中で・・・
今後(将来)、困っている人たちがいることに気づき、考え、具現化出来る人・温かい心を届ける(届けたいと思う)人になっていくのではないでしょうか。。。

『セミの鳴き声が、響き渡る空間。。。7月13日(月)付』
≪ごー!ごー!!くるみっこ!!!≫


「おそと」で おともだちや せんせいたちと いろいろなことを していましたね。

「せんせいのおはなし」を しっかりと みて👀 きいて👂・・・
『じぶんの できること』は いっしょうけんめい がんばって みてください👍


「はじめてのこと」は ちょっぴり ふあんに なってしまうことも あるとおもいますが・・・
『ようちえんは しっぱいしても だいじょうぶな ところ☆ミ』です。。。


『あそび・まなべる しあわせに かんしゃ』して・・・
おもいきって いろいろなことに 『ちょうせん』・『ちゃれんじ』 してくださいね。
たくさん おもしろいことが みえてきますよ・・・(^_-)-☆


まだまだ あめ☔も つづきそうですが・・・
あかるく たのしく げんきよく・・・
「いっしゅうかん」を すごしましょう。。。\(^o^)/







セミが鳴いています。
セミが鳴き続けています。

蒸し暑さもありますが、セミに負けないくらい・・・
くるみっこの元気で、楽しそうな声が、園庭に響き渡っていました♫

安全管理を模索しながら、運動会への取り組みも少しずつ始まり・・・
くるみっこが、先生の話を一生懸命見聞きしている姿・・・
「かけっこ練習」では、『頑張れ〜ぇ!!』等の応援の声。
子どもたちの声が、『ワァ〜!!』と湧き上がる瞬間も、たくさんありました。


被災地では・・・
セミは鳴いているのでしょうか。
雨もまだ、今週も降り続くようで・・・
被災者の皆様は、夏の風物詩でもあるセミの鳴き声に、耳を傾ける余裕や時間もないと思います。。。


くるみっこの一週間が、スタートしました。


セミの鳴き声が・・・

大きく響き渡る園庭の上で・・・

全国で、響き渡る空間が戻る中で・・・


早く、思い切って遊び・活動・生活(安心)出来る日が来ることを・・・

強く願っています⭐⭐⭐

『出来ること・出来るタイミングで。。。7月11日(土)付』
まいにち あめ☔がふって 「おそと」で たくさん あそべず ざんねんです😢


みなさんも しっていると おもいますが・・・

あめ☔☔☔が たくさん ふっていることで・・・
「おうち」が こわれたり なくなったり・・・
「たいせつな いのち」が なくなったり しています。

たくさんの ひとたちが  いま 「かなしい きもち」で います。


くるみっこは ようちえんで あそび たのしみ わらうことが できます。

しかし あそんだり たのしんだり わらったりすることが できないひとたちが たくさんいます。


どうか 『かなしい きもちで すごしている ひとたち』を わすれないで ください。


これからも 『あそび たのしみ まなべる しあわせに かんしゃ』しながら すごしましょう。。。 



謹んで豪雨により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞いを申し上げます。

4日の発生から、一週間を迎えました。
テレビ・新聞・ネット等から伝え聞く情報に、唯々心が痛む日々ではないでしょうか。
日々、被害状況が明らかになる・新たに発生する度に、何とも言えない気持ちで過ごしているのではないでしょうか。

画面・掲載上で、「怖かった」・「この先、どうなってしまうのか」・「生きているだけで。。。」等、涙を流されている・気丈にされている姿や伝わってくる言葉等に、重ねて心が痛みます。

大雨が続き、被災地の人たちは、想像を超える大変さの中にいると思います。
今後も、大雨が続くことが予想されており、先の見えない不安も増す中で、体力・精神面共に、ギリギリのとこで生活している人たちが、全国にたくさんいることに、唯々心が痛みます。

その中に、小さな子どもたちもいると思います。
小さな心が、大きな衝撃を受けていると思います。
目の前で起こっていること・目の前に広がっている光景に・・・
毎日、心が大きく揺れ動いていると思います。


今回の災害で、ご親族、ご友人、お仕事関係(者)への影響等、在園している皆様の中にも、重ねて心を痛めている皆様もいると思います。
※そのような人たちが、私たちの直ぐ横にいるかもしれないことも、頭の隅に置いておく必要もあると思います。


「いつ」・「どこで」・「誰に」、同じようなことが起こるか分からない中、不安な日々を過ごしている人たちも、たくさんいると思います。


現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、園生活において様々な制限もありますが、日常を取り戻しつつ、遊び・学べる環境があることに・・・

表現が見つかりませんが・・・
改めて、感謝する一方で・・・

やはり、同じ県民や全国の方々が、真逆の生活を送っていることを考えると・・・
言葉がありません。。。


そんな中、保護者の皆様は、子育てや仕事に向き合わなければなりません。
職員も、子どもたちに向き合わなければなりません。


『各自の出来ること』は、限れているかもしれませんが・・・

九州北部豪雨や熊本地震等を体感している県民として・・・

私たちが出来る第一歩として・・・

まずは、『思いを馳せる(馳せ続ける)こと』は、大切ではないでしょうか。
その大切さを、身をもって知っていると思います。
実感していると思います。


そして、各自の立場で『出来ること』・『出来るタイミング』を続けていくことが・・・


被災地の人たちにとって・・・

とても助かり、勇気づけられることにもつながるのではないでしょうか。。。


一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

『本年度運動会について(お知らせ)。。。7月10日(金)付』
保護者 各位

新型コロナウイルス対応に伴い、子育てやお仕事も大変な中、日頃から園へのご理解とご支援を頂き、誠にありがとうございます。
大変遅くなりましたが、現在のコロナウイルス状況・関係機関通知や今後の感染拡大等も踏まえ、『運動会』について、下記のとおり決定しましたので、お知らせします。
なお、今年度は三密等を考慮し、「学年ごとに日にちを分けての実施」とさせていただきます。
実施内容等、詳細については、後日改めてお伝えします。

【期日】
◆9月12日(土)➡4歳児
◆9月19日(土)➡5歳児
◆9月26日(土)➡0〜2歳児・満3歳児・3歳児

【延期日】
◆「翌日(日曜日)」とします。

【留意点】
◆「午前中に実施」します。  


現在、感染防止及び今後の感染状況が広がった場合等を踏まえ、様々なことを検討中です。
そこで、保護者の皆様には、例年と異なるお知らせ及びお願い(例:事前人数把握・人数や応援制限・マスク着用・検温等)をすると存じますが、引き続きご理解とご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、今後の状況次第では、中止となることも予想されますので、あらかじめご了承願います。

『本日の園対応及びくるみ安心メール受信について。。。:7月7日(火)付』
現在の熊本市予報は、「大雨(土砂災害・浸水警)警報」・「洪水警報」・「雷及び強風注意報」となっていますが、今後の天候悪化も予想されています。
そこで、下記のことを踏まえ、『保護者の皆様の最終判断で、安全を十分に確認しての登園』をお願いします。

◆本日は、「自由登園」とします。
※保育・送迎の時間帯・持ち物は、通常通りです。
※給食は、あります。
◆通園バスは、運行しません。
◆本日の「七夕の活動」は、行いません。
◆『自宅待機』・『遅延登園』を推奨します。
※無理な登園は、控えて頂き、家庭保育のご協力が可能な皆様は、どうぞよろしくお願いいたします。
◆可能な皆様は、早めのお迎え(例:2&3号認定・預かり保育利用の方)をお願いします。
◆欠席される場合は、7:15〜8:20に各認定棟へご連絡ください。
※給食注文の都合上、時間厳守でお願いします。
※みかん組の当日申込は可能ですので、利用希望者はご連絡(7:10〜)ください。
◆いつでもご連絡が取れるよう、必ず携帯電話を身につけておいてください。

【特別警報が発令された場合】
◇『くるみ安心メールで一斉送信し、お迎えを依頼』します。
◇園内避難態勢として、『3階なかよしルーム(1&2号棟)』に避難を開始します。
◇緊急時のみ、園(096−372−0633)・園携帯(090−9580−9504)へ連絡をお願いします。
◇3号認定も、避難していますので、上記連絡先となります。
◇お迎えの際は、『園児引き渡しカード』を提示してください。

引き続き、ご理解とご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


≪くるみ安心メール受信について≫
本日の大雨対応では、園対応へのご理解とご協力を頂き、誠にありがとうございました。

なお、本日、「くるみ安心メール」を送信(6:30)したところ、一部の保護者の皆様が、「受信が遅れた」・「受信出来なかった」ようです。
そこで、管理業者に確認したところ、『大雨等に伴い、各携帯会社の通信状況に障がいが起こった可能性がある』ということでした。

今後も、緊急送信した際に、受信出来ない可能性がないとは言えませんので・・・
『大雨警報が出ている』・『台風が接近している』等の場合は、大変お手数ですが、くるみ安心メールと同時に本園ホームページ(新着情報)に、同じ内容を掲載しますので、そちらでご確認頂けたらと思います。

なお、明日以降も、「自由登園」等、何か変更がある場合は、「くるみ安心メール」を送信します。
※『連絡がない場合は、通常通り』と、ご判断頂けたらと思います。

『大雨に伴い。。。:7月6日(月)付』
保護者 各位
本日の大雨に伴い、通園バス安全運行等におけるご理解とご支援を頂き、誠にありがとうございました。

県南部豪雨災害被害の深刻さが、明らかになってきました。
このたびの大雨により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げると共に、一日も早い復旧と皆様のご健康を、心よりお祈り申し上げます。
まだまだ、大変な状況だと思います。

現在の気象庁の予報では、『8日(水)にかけて、前線の活動が活発となり大雨となる見込み』・『今後も断続的に続く』・『土砂崩れは、雨が降りやんだ後も発生する可能性があり』となっています。

本日の帰りの通園バス運行等も含め、様々なことが起こるかもしれません。
◆いつでもご連絡が取れるよう、必ず携帯電話を身につけておいてください。
◆可能な皆様は、早めのお迎え(例:2&3号認定・預かり保育利用の方)をお願いします。
◆通園バス利用の方でご心配な方は、迎えに変更して頂いても構いませんので、園へご連絡ください。

⇒ MORE


 

Copyright©2013 くるみ幼稚園 All rights reserved.