イベント情報

 
『互いに〇〇〇しながら。。。6月21日(木)付』
【災害を経験した妊産婦や乳幼児等のこころのケアについて〜平成30年大阪府北部地震を受けて〜子ども政策課発行(2018年6月20日)】
災害関連のニュースを見たり聞いたりすると、不安になったり、落ち着きがなくなる等の反応がでてくることがあります。
特に、子どもの場合は、身体の症状や日頃は見られない行動の形として現れることがあります。
『このようなストレス反応は、正常な反応であり、ほとんどの変化は時間とともに回復していきます』
保護者や周囲の方は、慌てずに子どもの様子を見守り、子どもが安心できるような関わりを持つことが、子どものこころの回復のために大切です。

≪子どもに現れやすいストレス反応〜アンテナを失わないこと☆〜≫
◆行動の反応
・赤ちゃん返り
・甘えが強くなる
・今まで出来ていたことが、出来なくなる等

◆からだの反応
・食欲がない
・寝つきが悪い
・悪い夢を見たり、夜泣き等

◆こころの反応
・イライラする
・機嫌が悪い
・小さな物音に、ビックリする
・突然興奮したり、パニック状態等


◆保護者にも現れやすいストレス反応
・眠れない
・色々と不安がある
・ちょっとした物音や揺れに、驚いてしまう
・気分が落ち込んだり、寂しくなったりする等

上記のような症状は、『正常な反応』です。
但し、症状が長引いたり、気になる症状があるようでしたら、「下記の相談窓口」へご相談ください。
同じ体験をした家族(兄弟・夫婦)でも、個人差は大きく、一人ひとり違って当たり前です。
時間を経て、はじめて反応が出る子どももいます。

≪支援者のこころのケア≫
◆支援者も、震災を経験した被災者です
◆私たちも疲労していたり、通常業務の忙しさの毎日です
◆一生懸命な人ほど、心にしまってしまうしんどさ、共感疲労、感謝疲労
◆頑張りましたね。きっとそれでいいのです。
◆話せる仲間、セルフケアを大切に

≪相談窓口≫
◆妊産婦、乳幼児とその保護者の相談全般
[中央区保健子ども課]096−328−2419
[東区保健こども課]096−367−9134
[西区保健こども課]096−329−1147
[南区保健子ども課]096−357−4138
[北区保健子ども課]096−272−1128
[子ども・若者総合相談センター]096−361−2525
◆乳幼児の相談
[子ども発達支援センター]096−366−8240
※お子さんの発達面に、ご心配がある場合は、子ども発達支援センター
[児童相談所]096−362−8181
◆妊産婦、保護者の専門的相談
[こころの健康センター]096−362−8100
◆個別の相談だけでなく、保育園幼稚園等からの相談も可
[熊本こころのケアセンター]096−385−3222
◇問い合わせ
[子ども政策課]096−328−2156(木原・木庭)


【震災後の子どものこころやからだの長期的ケア(熊本市こころの健康センター作成)】
災害を体験した子どもたちのこころとからだには、いろんな反応が起こることがあります。
子どもが安心できる環境・安心できる接し方をしていただくことで、大部分は時間の経過とともに自然に回復していきます。
しかし、災害後すぐにいろんな反応が出てくることもあれば、時間が経ち、生活が落ち着いてから出てくることもあります。
また、反応が落ち着いたと思っていても、災害関連のニュースを見たり、災害が起きた日が近づくなど、何かのきっかけでぶり返したようにみえることもあります。

≪災害を体験した子どもに見られる反応≫
・赤ちゃん返り
・わがままを言う
・ぐずぐず言う
・反抗的だったり、乱暴になる
・少しの刺激(小さい物音、呼びかけ等)にも、びっくりする
・落ち込む
・食欲がなくなる
・食べ過ぎる
・寝つきが悪くなる
・何度も目を覚ます

≪子どものこころのケアのために≫
何かのきっかけで地震のことを思い出して、いろんな反応が出てくるのは、誰にでも起こりうること。
子どもが安心できるように、大人が関わってあげることが大切です。
◆子どもが話すことは、否定せずに聞いてあげましょう。
ただし、話したくない時には、無理に聞きださないようにしましょう。
◆行動に変化があっても、むやみに叱ったり、突き放したりせず、受け止めてあげましょう。
◆抱っこをしてあげたり、痛いところがあったら、さする等スキンシップを増やしましょう。
◆怖かったことや、悲しかったことをゆっくり聞いてあげて、「大丈夫だよ」・「守ってあげるからね」等言葉がけをしてください。
◇反応が長引いたり、気になる症状があれば、相談窓口や医療機関等に相談しましょう。



テレビや新聞等の報道を見聞きする度に、様々な想いが込み上げてきます。
◇子どもたちの様子を、よろしくお願いします。
◇身近な人や隣の保護者の方等にも、実は症状が現れているかもしれません。
互いに思いを馳せたり、何気ないケアをしながら生活していきましょう。

引き続き、くるみっこの様子をしっかりと把握し、受け止めていきます。。。

『通園バス運行(2−1)について 。。。6月21日(木)付』
本日、朝の通園バス運行(2−1)がバッテリーの不具合により、急遽運行することが出来ませんでした。
該当の皆様には、ご迷惑及びご心配をお掛けし、誠に申し訳ありませんでした。
また、急遽自家用車送迎等、ご支援を頂いた皆様には、重ねて感謝申し上げます。

なお、先ほど車両整備士確認の上、『本日、帰りの通園バス運行(2−1)は通常通り』行います。

『本日、「園児引き渡し訓練」を実施します!!。。。6月19日(火)付』
≪お迎え引き渡し訓練≫
◆14:45〜15:05

≪預かり保育(いちご組)及び3号認定引き渡し訓練≫
。隠供В隠亜腺隠供В械
■隠掘В毅亜腺隠検В隠

≪園児引き渡し場所≫
◆バス停

≪持ってくるもの≫
◆園児引き渡しカードコピー

≪留意点≫
◆万が一の状況(電話・メール等の不通)を考慮し、『震度5強以上の揺れの場合は、原則として保護者が園に迎えに来ること』を申し合わせとします。
◆本日は、園庭開放はありません。

『明日。。。6月8日(金)付』
≪1号&2号認定≫
◆保育参加(きりん・くま・ぞう・ぱんだ・こあら)

[現在、園内で流行っている病気(13:35)]
≪1号&2号認定≫
◆体調不良(3名)
◆溶連菌(1名)
≪3号認定≫
◆発熱(3名)

『明日。。。6月4日(月)付』
≪1号&2号認定≫
◆執行部会
≪3号認定≫
◆避難訓練

[現在、園内で流行っている病気(15:50)]
≪3号認定≫
◆発熱(2名)


【じゃがいも掘り(ぞう・うさぎ・こあら・ちゅうりっぷ)】
6日(水)にじゃがいも掘りを予定しておりますが、現段階の予報では、6日(水)は雨で、7日(木)が曇りの予報です。
そこで、日にちを変更して「じゃがいも掘り」に出掛けたいと思います。
□6日(水)は、園で「通常の保育」を行います。
★7日(木)は、『じゃがいも掘りの準備物・服装』で登園をお願いします。

また、じゃがいも掘りの日にち変更に伴い、保育内容を一部変更して行います。
★うさぎ組は「元気っこクラス」を6日(水)に変更します。
□6日(水)は、『元気っこクラスの準備物・服装』で登園をお願いします。


【元気っこクラス実施日変更(ひつじ)】
6日(水)に「元気っこクラス」を予定しておりましたが、園の都合により7日(木)に変更させていただきます。
急な変更になりますが、どうぞよろしくお願いします。
★7日(木)は、『元気っこクラスの準備物・服装』で登園をお願いします。