個人情報保護方針・自己評価
menu トップぺージ くるみっこ日誌 更新情報 くるみ幼稚園ご案内 園児募集
 

≪個人情報保護方針≫

【重要】
『個人情報保護法』等に基づき、公表及び送信した情報(添付写真含む)等を許可無く、無断で使用する(他者への送信含む)ことは出来ません。

【趣旨】
 学校法人天神学園(くるみ幼稚園以下「当園」という)は、個人情報の保護を重要な社会的責務である事を認識しています。
 そこで、当園は、「個人情報の保護に関する法律」及び「その他の関連法令等」の規範を遵守するために当方針を策定し、園児(卒園児含む)・保護者や地域の皆様及び教職員等の保護の徹底を図るために、以下の基本方針に基づき、個人情報の保護に継続的に取り組みます。

【個人情報の利用目的】
 当園は、個人情報を次の目的のために利用します。

  1. 園児の教育活動の企画立案・実施・検証研究・健康及び安全管理向上等
  2. 当園の各種事業の案内・提供・契約の維持管理等
  3. 園児募集及び入園選考等
  4. 当園事業に関する情報提供・運営管理・教育環境の充実等
  5. その他幼稚園事業に関連一付随する事業

【個人情報の収集】
 当園は、上記の目的を達成する為に必要な範囲で、適法かつ公正な手段を用いて個人情報を収集します。

  1. 園児及び保護者の住所・氏名・緊急連絡先等
  2. 利用目的の達成に必要な範囲内において、事業を外部に委託する場合等
    *取引先等に対しても個人情報を適切に取り扱うよう要請します。
  3. その他法令に基づく場合または事業上あるいは社会的正当性が認められる場合等

【個人情報管理】
 当園は、収集した個人情報を正確・最新なものにするように常に適切な処置を講じています。
 また、個人情報への不当なアクセス・個人情報の紛失・改ざん・漏えい等を防止するため、厳正な管理を行います。
 万一、個人情報に関する問題が発生した場合には、迅速かつ適切に対応します。

  1. 当該個人情報を漏えいための厳正な管理として、「当該個人情報の利用目的を終了した際は、速やかに当園に返却または安全に廃棄する」としています。
  2. 個人情報については、サイト管理責任者等(ホームページ・メール情報配信システム)が厳重に管理しており、漏えい・改ざん等の防止に適切な対策を講じ、安全性の確保に努めていきます。
  3. 保有する必要がなくなった個人情報については、確実に速やかに消去または廃棄します。

【個人情報の開示・訂正等・利用停止等】
 当園は、個人情報の開示、訂正等(訂正・追加・削除)、利用停止等(利用停止・中止)の請求があった場合には、請求者が保護者本人等である事を確認した上で、当園事業の適正な実施に必要な範囲内で対応します。
 なお、ご要望にお答え出来ない場合は、請求者に理由を説明します。

【その他】

  1. 個人情報の取り扱いを明確にし、教職員の周知を徹底させます。
  2. 教育活動や園事業等、あらかじめ定めた目的以外に使用しません。
  3. 正当な理由及び必要が認められる場合を除き、個人情報を第三者に提供しません。
  4. 園児、教職員ならびに保護者の皆様等のプライバシーを尊重(原則として、掲載する写真には集合写真や複数園児の写真を使い、本人の特定ができないものを使用します・個人写真を掲載する場合は、名札等によって個人名が判別できないように必要な修正を施すと同時に、掲載した文章などからも個人名が特定される事のないように十分注意します)しつつ、有効な情報発信のために、下記の方針で運用しています。
    ◆ 当園の特色や園児たちの活動を、広く知って頂く為
    ◆ 当園の園児の活動を保護者に公開し、活動への理解と協力を得る為
    ◆ その他、当園の教育・養育活動等を知って頂き、園の活動に対する意見を
      受け、より充実、発展した活動にする為
    ◆ 緊急時のお知らせ
    ◆ 諸行事等の事前連絡の為
    ◆ 県・市や地域情報(例:交通安全・不審者情報)提供の為
    ◆ 保護者から掲載を希望しない旨の申し出のあった園児の写真等は、
      集合写真や複数の園児との活動場面の写真等、個人が特定できない
      写真を除き、掲載しません。
    ◆ 「メール情報配信システム」にも、上記内容方針に基づいていますが、
      個人の写真(保護者契約者以外も含む)が添付される場合もあります。
    *『メール情報配信システム契約者』は、個人情報保護法等に基づき、
      公表及び送信した情報(添付写真含む)等を許可無く、無断で使用する
      (他者への送信含む)ことは出来ません。

【個人情報取り扱いに関する継続的改善】

  1. 全ての情報(ホームページ及びメール情報配信システム)に関する責任は園長が負います。
  2. 当園は、個人情報の取り扱いに関して定期的に見直し、これを遵守すると共に一層の個人情報保護のために継続的改善に取り組みます。
  3. 個人情報保護方針の内容に変更が生じた場合は、速やかに通知するか当園のホームページ等に掲載し、公表します。

【個人情報に関するお問い合わせ先】
 当園の個人情報取り扱いについてのご意見は、以下のお問い合わせ先へご連絡ください。
 適切・誠実に対処します。

くるみ幼稚園園長  坂本 公
熊本市渡鹿8−1−18
096−372−0633(幼稚園)

 

≪自己評価〜平成23年度〜≫

【目的】
 学校教育法並びに学校教育法施行規則改正に伴い、『園長は幼稚園の運営について、 各教師は自己の教育のあり方について各幼稚園において自己評価を行い、その結果に ついて公表するように努めること』が規定され、各学校は個性を持ちながらも、 「何を教えようとしているのか」・「どのような教育に力点を置いているのか」等と いったことを点検及び自己評価し、常に新しい情報を外部に公表することが求められるようになりました。
 幼稚園ではこれまでも選ばれる存在として、様々な形で積極的に情報提供を行い、 建学の精神や理念を大切にした独自の魅力的な教育を展開していますが、今後は、 公教育を担う一翼として、私立幼稚園は幼稚園教育要領を十分に理解し、質の良い 教育を追及する中で、子どものためにどのような教育をしているかを常に謙虚に点検し、 編成する姿勢を持つと共に、園内の課題の視点も忘れずに、自己実践を厳しく評価し、 教育の質を高める研究及び研修を続けることで社会により深く認知されると共に、質の高い 幼児教育の提供が子どもたちの幸せにつながると考えます。
 また、園の運営・教育の両面において適切に点検・評価を実践し、改善点があれば職員全体 で共有し、より創意工夫に満ちた幼稚園教育を創造し、たゆみない営みを繰り返すことによって 開かれた幼稚園として、地域の幼児教育の中核を担う資質を問われていると考えます。
 幼稚園活動を通して、『子ども・保護者・地域の方々・先生の幸せと育ちにつながること』 が最も大切であると考えています。
 過去と現在をつなぎ、現在と未来をつなぎ、子どもと子どもをつなぎ、子どもと先生をつなぎ、 保護者や地域の方々と幼稚園をつなぐことで、教育の意義や質等の広がりや深まりが生まれると共に、 新たな学びを作りだしていく教育空間を提供出来ると考えます。
 『自己評価は、自らに始まり、自らの行為にもどるもの』と考え、本園における実情を分析した結果、 概ね下記の通りとなったことをここに報告します。

【教育目標】
当園ホームページ『園訓・教育目標・教育意義』をご参照ください。

【本年度、重点的に取り組む目標・計画】
○子どもの良さを再認識し、『挑戦』・『達成感』・『自信』を身に付けさせる。
○『挨拶』・『感謝の気持ちを言葉に表す』・『思いやりの心を行動に移す』等、さらに
  子どもの心を磨く。
○園を取り巻く環境や子どもの実態に即した指導計画(中・長期的な視野を 踏まえる)
  の充実を目指す。
○安全及び衛生に関する職員の意識向上・意識統一及び具体的対策を実践すると
  共に、危機管理マニュアルの見直し等の充実も目指す。
○子育て支援を踏まえ、預かり保育(延長・早朝)の充実と共に、保護者へ向けての
  子育て意義・楽しさ等を様々な形で発信する努力をする。
○保護者とのコミュニケーション(連携)に重点を置く。
○職員間での意思統一を明確にする。
○清潔・整理・整頓等をしっかりと確実に行う。
○節電・節水等を踏まえ、地球環境に優しい環境づくりを目指す。

【評価項目の達成及び取組み状況】
幼稚園教育要領をはじめ、園の教育目標や教育意義を理解、職員間の共通理解を図る。 幼稚園教育要領理解を全職員で積極的に推進すると共に、建学の精神を踏まえ、 教育目標の実現に向け、『自ら、考え、判断し、行動出来る人材育成』に向け、具体的に取組んでいる。
園の現状を踏まえ、中・長期的なビジョンと計画 を策定する。 理事長・園長を中心に、常に現在の社会的なニーズへのアンテナを 張り巡らすと共に、子どもや保護者の立場にも立った教育環境提供を全職員で具体的に進めている。
教育の資質向上のために、園内外の研修を充実させる。 子どもの発達段階を捉え、的確な指導が出来るよう園内研修を実施すると 共に、県・市・地域主催の研修会への積極的な参加を通して、自己を磨くと共に、様々な情報交換を職員間で頻繁におこなう中で、 子どもの実態に即した指導をしている。場合によっては、新たな情報も踏まえ、新しい取組みにも臨機応変に対応出来るようにしている。
保護者のニーズの把握に努め、適切な対応を図る。 家庭訪問・個人面談・連絡帳・くるみノート等を活用する中で、 保護者のニーズを把握すると共に、まず『保護者の思いを受け止める』ように心掛ける。また、役員会や役員研修会に 園代表者が参加することで、現在の保護者の考えや思いを把握し、様々な対応も心掛ける。貴重なご意見と考え、保護 者が直接園長へ思いを伝えられるような環境作りをする。
教育者としての能力や良識・適正 『子どもをしっかりと愛す』・『保護者を理解しようとする心』 ・『幼稚園教育要領等にも裏付けされた教育的目的と実践・言葉遣いや身だしなみへの心配り』も実践している。
安全・衛生管理 『安心・安全の上にこそ教育は成り立っている』と考えます。
○各門施錠の徹底
○遊具・水質等の定期点検
○消防設備の定期点検(防火管理研修会参加含む)
○自衛消防職員会議の実施
○地震等の危機管理マニュアルの確認(避難訓練の実施含む)
○通園バス運行における安全の徹底指導
(安全運転管理研修会参加含む)
○プール利用時の安全マニュアルの確認
○手洗い・うがいをはじめ、感染症対策の実施
(各保育室インフルエンザ対応空気清浄機設置)
○AED設置(職員救急法講習会の実施含む)
○防犯カメラ設置(園児安全管理及び不審者侵入を踏まえ)

【学校評価の具体的な目標や計画の総合的な評価結果】
取り組むべき課題について、全職員が共通理解し、 各自が少しずつではあるが自己への振り返りを踏まえ、前進・研鑽を重ねる中で、幼児教育の明確化 と充実及び安全環境への配慮等、魅力ある幼稚園空間提供に向けて情熱を傾 けている。

【今後取り組むべき課題】
教育の資質向上 自身が学ぶ姿勢を大切にし、園内外の研修をはじめ 、様々な環境から学ぶべきことがたくさんあることを自覚すると共に、教育環境充実に向けての具体的 提言や実践をさらに推し進める。また、環境へも配慮し、廃材利用やコスト削減等を踏まえた教育内容等 を意識し、実践する。
安全・衛生管理 『幼稚園に関わる全ての人々の命を尊ぶ』という考えの下、 園児が自主的に、自分や他者の命を尊び、大切にすることを理解し、実践出来る力をさらに養う。
自己点検・自己評価 最低限の基本項目を点検課題として挙げているが、より充実した自己点検及び自己評価を目指し、さらに内容を検討する。

【学校関係者評価】
本園は学校関係者評価委員会を設けていないため、意見は聞けなかった。

【財務状況】
公認会計士監査により、適正に運営されていると認められている。


Copyright©2011 くるみ幼稚園 All rights reserved.